スポンサーリンク

泣くなよ!絶対泣くなよ!70年代のフォークを聴くと絶対泣いちゃう件

シェアする

スポンサーリンク

どうもこんばんはこんにちは。初めましての方は初めまして。どうも。

僕です!(@D_cityblue)

音楽はいいですよね。ほんとに良いものです。

僕は毎日音楽聴いてますよ!音楽は人の心を豊かにしてくれるんじゃあないかなぁ(感嘆)

みなさんはどんな音楽を聴いてますか?

聴くものの行動、脳内の2大偏差値を約30も下げてしまうという噂の黒光りする部族達の音楽を聴いていたりしませんか?いいですね。どんどんそのまま偏差値下げちゃいましょう。

コンサートの日にはアホみたいな白地に金色のラメラメのスウェットで都会を闊歩したりしてもいいんじゃないですか。それはたいそう良いことですよ。

けど僕はそんな高尚な音楽より、最近は70年代の音楽を聴くと涙が流れてしまうというちょっとおかしい病気にかかりました。なんでだろう。

僕は小さい無名のライブハウスで働いているのですが、そこで頻繁に出入りする演者の方は若い方ではなくて結構年配の方々なんですよね。そういった人たちが演奏してコピーする曲はやっぱり70年代のフォークが多いように僕は感じました。

結構音楽が好きで、いろいろな年代の曲を聴いているつもりではいたんですけどこうやって演奏している様を見ているとやっぱり良いものですねっておもいます。

そこで自分もその年代を掘り下げる為にいろいろと聴き漁っていると

なんか泣いちゃう!

まじ泣いちゃう。恥ずかしい。けど泣いちゃう。

良い曲多いんだよなあ。

コード進行もすごく単純なのにメロディが良いんでしょうかね。

プカプカ

((((^_^))))

西岡恭蔵さんの曲です。この方は50歳の時に妻の3回忌を目前に首をつって自殺されました。

これは僕がPAしてる時に60代くらいのおじさんがユニットので出演された時に聴きました。

音響しながら手を止めて聞き入ってしまいましたね。

歌詞に出てくる女の人のこれクソやん!っておもいますけどそれもいい。

タバコをふかす擬音をプカプカって例えるこの日本人の感性が僕はすごく好きです。

なんとも憂いのある曲なんでしょうかね。僕もこんな女の人とこんな恋してこんな曲が書きたいよう。

だいたいのフォークに思うのがインパクトをつける部分がマイナーコードから始まってるんですよね。しかもⅢかⅥ多分。

クッソ謎なコード進行とかすごい難解なコード進行も好きだけどこういうのも好きですね。

結婚しようよ

((((T_T))))

吉田拓郎さんの曲ですね。ほんとしびれる。

「僕の髪が肩まで伸びて君と同じになったら」こんな入り方ありますん!?

この人間味溢れる表現の仕方というかなんというか。

曲の中の登場するこの男の人がいかに相手のことを愛しているか、不器用だけども相手のことを想っている様がすごく頭に浮かんできます。

僕だけなんやろか!?

ちがうよね。みーーーんな思うよね。

偏差値下がっちゃうの部族ミュージックなんてどこが良いんだい?

今日までそして明日から

やべえよ

これこそ偏差値さがってしまう。語彙力が著しく低下してしまってすげえ、やべえ、かっけえ、の3語しか頭の中から消え失せてしまい、最終的には哀愁という名のとんでもない沼にはまってしまい根本的な生き方を変える為のことをしようと廃れた大阪の街を徘徊し、酒に酔っ払って道端で寝そべる半ホームレスのようなおっさんと天王寺動物園の前であの時代は良かったなんて知りもしないことを言いそうになるくらいやばい。

これも吉田拓郎さんの曲ですね。

この曲はクレヨンしんちゃんの映画「嵐を呼ぶオトナ帝国の逆襲」の挿入歌になってますね。聴いたことがある!って人多いんじゃないでしょうか。

あの最後の野原一家がかすかべに帰るシーンでグッときませんでした!?

僕はもうあそこ見ただけで死にそうになります。

500,000,000,000,000はおそらく死んだ可能性がありますよね。

そのあとのさっちゃんの元気でいてねが流れてきたあかつきには人としての原型をとどめてない状態になるまで涙を流さざるを得ない状況になってしまいますよね。

僕はそれで人外になりました。

22才の別れ

なんで神田川じゃないんやって?こっちの方が好きやからや!

伊勢正三さんの書いた曲ですね。

なんでこれを選んだかっていうとまあそういうことなんですよね。タイトルの通りですわ。

僕も多分学生時代最初から4畳半くらいの部屋に住んでたらフォーク狂いになってたよね。

この曲は何度か聴いてるうちに好きなりましたね。

聴く音楽は人の自由

散々随所でTDH社を立ち上げた方々のことを否定したんですけど聴く音楽は人それぞれですし、感じることも人それぞれですからね。ほんとそれだけはいっときますわ!

もっと紹介したかったけどなんか長くなりすぎてしまうし、内容が薄くなるのもアレなんで今回は終わりますね。

ほな!!!!!(^人^)

たけーなおい。