スポンサーリンク

【ネタバレ含む】今更だけどデスノート Light up the NEW worldが全然面白くなかった。

シェアする

スポンサーリンク

どうもこんばんはモリシマ(D_cityblue)だよ

つい先日新しいデスノートの最新映画デスノート Light up the NEW worldをみてきました!

おっせえなwwwってツッコミはまぁおいときましょうや!?

まあとりあえず一言、この映画に関して言わせてくださいよ

まぁ〜〜蛇足

あまりにも蛇足すぎる。本当に蛇足。

映画自体は面白くはあります。というよりもデスノートっていう題材が面白いですからね。もう設定がすでに面白いんですよ。そしてこの映画はデスノートというおもしろに乗っかかってデスノートファンとその他ミーハー話題の作品大好き中高生からお金をむしり取ろうとしているそんな作品でしたね。

この話のオチとかそういうのは好きでしたね。僕の大好きなオチだったのでめちゃくちゃ

「うおぉ、ええやんけ、、、」

とはなりましたけど見終わった後になんかこうモヤモヤが残りました。

なんていうんだろうかこうもや〜〜〜んとしたしこりのようなね

ちょっと辛辣すぎる気もするけど

※ここから先はネタバレを含みます。

6人とは

6人のノート保持者が〜〜〜とか言ってこの映画の情報が出たころは言われてたのにもかかわらず登場するのは結局Lの後継者とライトの後継者と真のキラだけ。

全っ然ノート保持者で対決してへんやんけ

これには僕ももう脱帽でしたね。

脱の帽でしたよ。映画館で帽子という帽子脱ぎまくってついには髪の毛がはげたりもしました。

けどそんな過去の情報を引きずっていたのは僕だけだったようでちゃんと情報出ていたんですね知らんかったぞくそが〜〜〜

デスノートとは

img1482860428260

名前書かれたら死ぬノートです。

天才とは

この3人、全然天才感がない。

デスノートは天才対天才の対になってる頭脳戦がよかったのになんだろうこの映画…全然天才感がない。なんかこう記憶に残ってる頭脳戦感が全然なくてちょっと残念。

今回はキラが白、 Lが黒といった前回とは対照的な色の関係なんですがこれもまあほんとただ色分けしただけやんって感じですしねぇ。

けどオチに使った東出昌大はまあよかった。普通に予想はできなかったからまあまあ好きですけどちょっとこいつ関係ないやんってなりましたよね。これ。

オチは好き

オチはまあよかったですよねぇ

実は自分が真のキラだったということに気づいた。というところまではよかったんですけどそっからはもうなんでこいつが次のLになってんだって思いました。

Lはワイミーズハウスを出てる児童からでるんじゃないん???

その辺の一般人がLになってなっていいんかよ!?!?!??!?!

もうわかんねえな。

僕的には主人公が実は真のキラだったということに気づいた後、狂ったようになってどうこうなって欲しかったんですけどね。物語としてはああいう終わらせ方がよかったんでしょうか。

結局デスノートも封印できてないし、キラとかいう犯罪者殺しまくりサイコパスが天才の探偵になっちゃうしで

これオチおもんないやつやん

総評

よくよく考えるとまぁほんっと蛇足ですね。

蛇足以外の言葉が全然見つからないです。はい

なんかこうめっちゃすごい凝った内容ってわけでもないし、以外とありがちな映画の焼き増し感が拭えないそういった感じでしたね。

6人の保持者がどうとかって話だと思ってた僕もバカでしたがそれだったら結構話は面白かったんじゃないかなって思います。けど自分がもし6人の保持者の話を考えたとしても結局ノートは賢いやつの元にいくんじゃないかとは考えられますがね・・・それならもっと天才感出して欲しかった

では(^人^)