スポンサーリンク

スプラトゥーン2ガチマッチまできたからとりあえずまとめていく

シェアする

スポンサーリンク

ぶぺぺぺぺぺぺぺぺ!

どうも、モリシマ(D_cityblue)です。

スプラトゥーン2、フラゲしたったんごごごごごごご!!

というわけでやりまくって早速ガチマッチまで行ってしまったのでわかった分だけでもまとめていきたいと思います。

ランク10でガチマッチが解禁!

とりあえずランクをあげをしないとガチマッチに参加できないのでとりあえずランクをあげましょう

ランクを上げることで、できることが増えます。

・ランク30まで武器の開放
・4で服、靴、帽子が買えるようになる
・ランク10でガチマッチ解禁
ガチマッチではランクとは別にウデマエというレートのようなものがあります。

最初はC-から始まり、C、C+、B-と上がっていきます。

ガチマッチの対戦形式によってこのウデマエは定められているのでそこは前作との違いですね。

ウデマエがB+になるとフレンドを交えてガチマッチができる、リーグマッチが解禁されます。

このリーグマッチはフレンド2人と組む方法と4人で組む参加の仕方があります。

ウデマエとは

前作のウデマエはポイントだったので、わかりやすかったのですが、今回からはポイント制ではなくなってます。

前回は勝つと10ほどあがりそのポイントが上がりきると次のウデマエという感じだったのですが今回は違います。

上の画像のようなメーターがあり、それが勝つとメーターが右に伸び、負けるとヒビが入ります。

5回まで負けた時、ひびが5本ほど入りウデマエが下がると思いきや、メーターが下がることはありませんでしたが、今回はC-だったからのようにも思います。

今回は5回勝つことで、C-からCに行くことができました。

おそらく、◯回負けるまでに◯回勝つと次のウデマエに行ける

これは負け続けてしまった時のモチベーションがあまり下がらなくていいっすわあああああ。

前は負けまくって下がりまくったらほんっと死ぬほどイライラしましたからね。

ウデマエが下がるとメーターは一からです。

腕前がルールによって違う

前述しましたが、腕前がルールによって違うので、ガチエリアではB、ガチヤグラではC+のような状態になるということです。

いや〜〜これはいい。非常にいいシステムですね。

ガチエリアが得意だけどガチヤグラなんてやってられたもんじゃない!っていう人の為に作られたに違いない。

ガチエリアであげた腕前もヤグラで下げずに済む!といった具合にいいシステムです。

前作からのガチエリアの違い

言うほど特にありません!

強いて言うならカウント部分が今エリアがどの程度の割合で塗られているのかがわかりやすくなった程度(スクショ撮り忘れた)。

そうです。ガチエリアは完成仕切った至高のルールです。

前作からのガチヤグラの違い

これが結構変わってます。

大まかなルールは同じで、ガチヤグラはプレイヤーが乗ると相手陣地に向かって進み、相手陣地にあるゴールまでヤグラを進めることができると勝ちですが、

ガチヤグラに第1カンモン、第2カンモン、第3カンモンが追加されました。

このようにヤグラがカンモンに到着される、もしくは突破するとこのように表示されます。

ヤグラがカンモンに到着すると一旦そこで止まってしまいますが、ゲージが進むとまたヤグラが進みだします。

カンモンで止まっている間もカウントは進みます。

カンモンを突破すると、次からカンモンは無くなります。

突破する必要があるのは一回だけのようです。

そしてカンモンでは複数人のっているとゲージが早く進みます。(多分)

これでみんなが乗るちゃんとした理由ができたね。

ガチホコの変更点

ガチホコとはガチホコといった武器を手に持ちそれを相手陣地の台座に収めたら勝ちといったルールのガチバトルです。

ガチホコの変更点はガチホコの攻撃時の玉が変わりました!

前回は大きい竜巻のようなものを発射するようなものでしたが今回は着弾先で弾けるといった挙動の玉を発射するようになりました。

かっけぇ

威力はやっぱり健在なままで、今回は自分の足元でも着弾させ、爆発させられるので使いやすくなってます。

けど竜巻の巻き込みはないので一長一短といった感じですかね。

けど自分の足元をぬれるのはでかい。

実際相手側までホコを押し込みましたが、塗りの性能がかなり上がってるので使いやすい。

まとめ

やっぱり負けるとクッソイライラしちゃうね。おぺぺぺぺぺぺ

おすすめ武器としてはスプラシューターとNーZAP85がサブとスペシャルのバランスよくて使いやすい印象。

随時更新していきます。

では(^人^)