スポンサーリンク

Occultic;Nineを4話まで観てみた感想

シェアする

スポンサーリンク

画像引用:animatetimes.com

どうも僕です。

録り溜めていた今期アニメのOccultic;Nineをつい最近4話までみたのでそれのちょっとした感想とかを書いていきたいと思います。

やっぱり志倉千代丸さんの話は面白い。

志倉氏初のラノベシリーズらしいYADE。

Occultic;Nineとは

『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』(オカルティック・ナイン)は、志倉千代丸による日本のライトノベル。イラストはpakoが担当している。オーバーラップ文庫より2014年8月から刊行されている。志倉としては初のライトノベルシリーズとなるwikipedia

このOccultic;Nineは今までのシュタゲとかカオスヘッドとかロボティクスノーツみたいな科学アドベンチャーシリーズのシリーズ外みたいですね。

主人公の我聞悠太は、まとめブログ「キリキリバサラ」の管理人をしていてオカルト的な話題に茶々を入れて、訪問者を増やし、いつかは広告収入だけで生活できるようになることを夢見ているという設定なんでブログを書き出した自分にとってはすごく親近感のある設定。すごくいいですね。

これをみてもう一個2chのまとめブログ作ろうかなっておもいます。

あー広告収入だけで暮らしてぇ

Occultic;Nineをみての感想

はい、これが本題ですね。とりあえず4話まで見たのですが、やっぱり面白い

面白いんですけどなんかこうもやっとするところがある。

1話はシュタゲの2倍は面白い。

シュタゲ。神アニメシュタゲ。いわずもがな誰しもが知り合いに必ず勧められるという面白いアニメ。僕は友人に100万回は勧められましたが1話が面白くない、というか全く意味が分からず見る気力を失い続けまくった記憶があります。シュタゲ1話は最終話まで見終わってからなら面白いんですけどねぇ。。。

そのシュタインズ・ゲートに比べたらよほど1話はわかりやすかったですし2話に対する引き込みはあったような気がします。気がするだけやけど。

主人公あんまりでない

これもまたなんとなくでしか見てないからかもしれないですけど4話までの間だと主人公があんまり出てないんですよね。他のキャラの説明回的な感じではあるんですけどながら見してた僕はあんまりよくわからんかったですわ(しっかり見ろ)。

主人公の設定は好きです。ほんと好きですわ。ていうか志倉さんのシリーズの主人公はどことなく今のスレた斜に構えたタイプのキャラクターなんでやっぱりそういう生き方しようとしてきた痛いタイプの人は好きになっちゃいますよねぇ。

ストーリーは引き込まれる

ストーリーはやっぱり引き込まれます。引き込まれ方はシュタゲとかのシリーズにあるような追い込まれ感のある引き込まれですけど、雰囲気はどことなくカオスヘッドに似てる気がしました。面白い。

面白いよ!!普通におもしろい!!

絵に違和感がある

どことなーーーーーーく違和感があるんですよね。でもそれ以上に一番気になる部分。。。

鼻それなんやねん!?!?!?!?

なんやこの鼻・・・どうなってるんや。僕には理解できへん。

絵はヒロインのおっぱいがあほほどデカいってこと以外は全然いいんですけど、とにかく時たま鼻が変。

女の子がかわいいんやけどな~~

めっちゃ可愛いんやけどなぁ・・・なんか鼻が・・・おかしい・・・

でもこれ今までの科学系シリーズにはなかった感じのデザインで絵も最近の流行風な印象。鼻さえ変でなければ。

まとめ

やっぱり面白いですね。これはちゃんと見ようかなって思う。ついでにシュタゲも見たくなってきた。シュタゲとか科学系シリーズはとにかく話の内容が面白かったからきっとこれもその流れなんで面白いでしょう。ていうか志倉さんの作ったやつやから見よう。

カオスヘッドもちゃんとやります。

でも鼻は気になる。