スポンサーリンク

若い人にこそ読んでもらいたいオススメの小説がわかる5冊

シェアする

スポンサーリンク

どうも僕です。

みんな本、読んでる???

僕はほどほどに読んでますwwww

全然読むモチベーションがあがらないんですよね。

でもみんなありますよね

「趣味に読書って言いたい」

「本を読む癖つけたい」

「本を読むってなんかかっこいい」

「あんまり活字好きじゃないけど本読めるようになりたい!」

「本って多すぎるし何がいいのかわからない」

僕も活字好きじゃねええええええええ!!!11111

そんな皆さんにあんまり読書が得意じゃないけどいつも趣味には読書って書いてる僕が教えます。

ほどほどに本読んでんだ!!!

なんとなくで読めちゃう面白い本5冊!!

湊かなえ 贖罪

とある田舎町にできた足立製作所の工場と、社員のために建てられた田舎には不似合いな瀟洒な社宅。そこに越してきた転校生エミリの環境に憧れや羨望の思いを抱きながら、4人の小学生はエミリと仲良くなる。夏休みのある日の「グリーンスリーブス」が鳴る午後6時、彼女達はエミリの死体を発見する。彼女達は犯人を見ていたが、その顔を思い出すことが出来なかった。15年後、彼女達が抱き続けてきた罪の意識と、エミリとエミリの母に対する償いが、さらなる悲劇を巻き起こす。wikipedia

これは高校生のときに読んだんですけど

めちゃくちゃ面白いです

ってくらい普通の語彙力のない強調のしかたしちゃうくらい面白いです。

湊さんの本は「告白」とこれを読んだだけであまり知りません笑

ですが湊さんの本は読み出すと

とまりません

僕は告白は2日かけて、贖罪は7時間で読みきってしまうくらい面白かったです。

本を読むときって引き込まれるまでなかなかモチベーションあがらないですけど湊さんの話はすごく早い段階で引き込まれて戻れなくなるので先がずっときになり続けます。

4人の少女と大人になったあとの罪への向き合い方が見ていて目が離せなくなります。

物語としてかなり面白く、本が苦手な人でも読みやすいよ!!!!

東野圭吾 パラレルワールド・ラブストーリー

裏表紙より内容紹介です。

親友の恋人は、かつて自分が一目惚れした女性だった。嫉妬に苦しむ敦賀崇史。ところがある日の朝、目を覚ますと、彼女は自分の恋人として隣にいた。混乱する崇史。どちらが現実なのか?
-存在する二つの「世界」と、消えない二つの「記憶」。交わることのない世界の中で、恋と友情は翻弄されていく。

ミステリーな要素が入っているので引き込まれやすく、

「記憶」と「真実」を行き来するようなお話で、なにが真実なのかわからなくなってきます。

あ~実験台になったんかなぁとかそういう風にも思ったんですけどそんな単純なものではなかったです。

世知がれえなぁ~~~~~~~

って感じの話ですね。

この後に紹介しようと思っているのですが乾くるみさんの「イニシエーションラブ」に似ているような気もしますね。

結構ページ数が多く「しんどそうだなぁ」と思うかも知れませんがかなり早い段階で引き込まれるのでオススメです

読む手がとまんねえぞ!

乾くるみ イニシエーション・ラブ

これ、一時期話題になりましたよね。

率直な感想としてはこれ

やべえ

って感じですかね。なんかアホみたいですけど。

でもほんとこれすごく面白いです。

要所要所にヒントが盛り込まれていて時代を知ってるひとだったりすると ん? ってなるようなあからさまなヒントがあるんですよね。

「読み終わった後は必ずもう一度読み返したくなる」

と銘打たれたこの作品、僕はよみかえしませんでした!

というのもなぜかと言うと、えっ!?ってなりすぎてネタバレを読まずにはいられませんでした笑

薄いし読むのにおすすめです。マジで。話題になった本だし。

 太宰治 人間失格

最近読み終わりました。

読みやすさとか面白さとかで今までは紹介してきましたがこれはほんとに読みにくいです。

面白さもわかる人にしか多分わからないだろうなぁ。。。みたいなそういう内容ですね。

けど内容が底抜けに人間味に溢れてるんです。

クズでどうしようもないけど多分主人公は素直に生きてます。

こういう生き方は正しい生き方ではないんでしょうけど。ほんとに読む価値はあります。

あんまり多くを語るとダメな気がしちゃうんでこの辺にしておきます笑

とにかくこれは一度は読んでみた方がいい小説だと思います。

漫画のおやすみプンプン好きなひとは多分好きです笑

山本文緒 プラナリア

この小説は「働かない」ことをテーマに書かれています。

多くの日本人は働くことが当たり前だと教えられ、育っていますからこのようなことには嫌悪感を覚えたり、「違うだろ。。。」みたいな捉え方になるかもしれませんが多分誰しもの心の中にはあるようなそんなことを考えた人たちのとてつもなく煮え切らない小説です。

僕個人的にはこの小説すごく煮え切らなく、もやもやが残った小説なのですが

今まで読んだ中で一番好きです

いやほんとにこれ好きなんですよw だから何がなんでもおすすめしたいです。

みんながこれ嫌いで面白くなくてもこれホンマにええ小説なんや!

こういう考えもあるってことを知ってほしいんです。

僕もこれを見て大学に行く理由や働く意味を考えたりしました。

今となってはちゃんと卒業はしようと思い、やりたいことも決まり大丈夫ですが、これ読み切った時はか〜な〜り影響されました。

ぜひ読んでください。ほんとよんで!!!!めっちゃいいよ!!

最後に

いやーすごい自己満足であまり作品を知らない統一性のないものになっちゃいましたけどどれも面白いです。

読む意味はあります。

本読みてえなあ^〜ってひとはぜひよんでみてね!!

では!