スポンサーリンク

奈良名物(?)の大仏のしりもちうどんが美味しすぎた

シェアする

スポンサーリンク

どうもこんにちはモリシマ(D_cityblue)です。

ラーメンブロガーの僕だよ!モリシマだよ!

ラーメンブロガーと名乗れるほどラーメンを食べてないけどラーメンの記事をあげてしまってる僕です。どうもこんにちはこんばんは。

つい先日奈良に行った時にすごく有名らしい、観光客の方がよく食べられるといううどん屋さんに行き奈良の心を味わってきました。

ちょ〜奈良のこころだったよ

逝ってきたお店はこちら

IMG_6342

ぶれてる写真しかなかったので非常に申し訳ない。ブロガーとしてほんと失格ですわ。

店は奈良の東向き通りの近鉄奈良駅を出てすぐのところにあるのですが少し奥まっててわかりずらかったです。ですがちゃんとその入り口近辺に「うどん亭」というのれんがあったので比較的わかりやすくはなっているようでした。

IMG_6336

店内は落ち着いた雰囲気でさすが奈良だなあといった様子でした。

この日は休日でしたが時間が15時ごろといったこともあり、店内はガラガラでした。ですがお客さんはちらほらときていて、その様子は常連客のようだったので流行ってはいるようです。

IMG_6338

これが大仏のしりもち。うーんちょっとムカつくなあ。こんなんで外国人は食べたくなってしまうんやろか。大仏って言っとけばいいと思ってるんちゃうか〜〜〜?とひねくれた卑屈な人間は思ってしまいます。ほんと仕方ないよね。だってしりもちとかいう言葉聞いて素直な気持ちで接することなんてゼッッッたいできないですよね

IMG_6332

これが肝心のラー…じゃなくてうどんです。豆乳と牛乳をベースにした汁で柚子胡椒や、奈良漬をラー油につけたものを溶かして3パターンの味で楽しむことができるすごく独特なうどんでした。

それなんですが

まぁうまい

しりもちとか言ってバカにしてしまった自分が死ぬほど恥ずかしくなるほどまぁ美味しかったです。

通常のスープはすごく甘いように感じるのですが、しっかりと出汁が聞いていて。うどんの域を飛び出していない。めちゃくちゃ堅実なうどんを食べているのに口の中は甘くまろやかでかつクリーミーな味でした。

そして、2つの器に柚子胡椒、奈良漬を入れてお汁で溶かして食べるのがこのうどんの楽しみ方なのですが、どっちもべらぼうにうまい

久しぶりにこんなおいしいうどん食べました。

しかも奈良漬の方はラーメン風な味になっていたので、ラーメン好きも楽しめます。柚子胡椒ももちろんおいしい。

しかもここのお店麺が平打ち麺でした。コシの強さもすごくてう〜〜〜んうまい。

奈良に言ったらとりあえず食べてもええんとちゃうやろか。

では(^人^)